劇団KAKUTAの夏企画、サマージャンボリーのブログです。
<< 第三回『KAKUTAの今後を占え!!占い師イギタ、ただいま参上!!』反省編 | main | 『さよなら贅肉!おかえり筋肉!あの頃のわたし、ただいま!』●18日目 >>
本部からのお知らせ
第三回「四浦、映画で世界一周するってよ〜構造改革編」

JUGEMテーマ:映画の感想

 

皆様、こんにちは!四浦です!!

 

映画で世界一周中です!

現在の世界一周の経過をお知らせしますと、

 

太平洋『ライフ・オブ・パイ』

      ↓↓↓↓

ブラジル『シティ・オブ・マッド』

    『シティ・オブ・ゴッド』

      ↓↓↓↓

アメリカ(NY)『ユー・ガッド・メール』

      ↓↓↓↓

大西洋『???????』イマココ

 

と以上が先週までの経過報告です。

そして、今週観た映画の報告の前に、お知らせがあります!!!

 

私、ダーツやめます!!!

 

実は先日、劇団員のイギタさんに占ってもらったんです。

劇団員イギタはただ今、占い修業中!

詳しくは『KAKUTAの今後を占え!!占い師イギタ、ただいま参上!!』をご覧ください。

 

 

”私のサマジャンの行方”を占ってもらったんです。某居酒屋で。

そしたら

イギタさん曰く

”問題が明るみに出る。でもその問題をおおっぴらにして対策すれば解決する”

みたいな事でした。


イギタさんの占い、なんだか本格的で、このあと他にも色々と占ってもらったですよ!

ありがとう、いぎろん!!!

 

問題…それはただひとつ!

 

 

ダーツなんです!!!

(自分で考えたくせにねこゆとこよね)

 

だって当たらないのよ…

 

面白そう!と思って始めたダーツ…しかし

地図にあたらない!陸に当たらない!見たい国にあたらない!

ナイが三つも!

しかもダーツなのに画像で載せてるもんだから、せっかく読んでる方にも何も伝わらない!

あ、ないが四つに!

 

なのでここからは私、ダーツで国を選ぶのやめます!

 

観たい映画観て、世界一周します!!!!

 

世界一周はあきらめませんぜ!!!

 

ということで、今週観た映画たちをドドンと紹介いたしますです!!

 

太西洋は、こちらの映画!

 

 

jaws01

 

『ジョーズにしましたよ!!!

 

スティーフヴン・スピルバーグ監督/1974年/アメリカ

 

ご存知、人食いサメが海水浴場に現れちゃったら映画です。

 

とにかく怖い!もうこの作品はホラーでしかない!痛い苦しい悲しい!

でもこの作品が私が今週見た中で一番オススメです。

元祖・パニック映画。元祖・トラウマ映画。

この暑い夏に、うってつけです。涼しくなります。いろんな意味で。

 

この映画によって、刷り込まれていることがたくさんあったのも判明しました。

・ジョーズ=サメと思ってたんですけど、違うんですね。

(本当はジョーズって「あご」の意味だそうです)

・人食いざめってほんとは少ないそうです。

(この映画に出てくるホオジロザメも実は人は食べない。人に近づくことすらできない)

サメにとってはとんだ風評被害な映画です。

 

サメの実物が出てこないのに怖くって。

(実際に実物が出てくるのは後半から。それまではサメの目線での映像だったり、

尾ひれだけだったりとパーツしか出てこないんです。でもそれがめちゃくちゃ怖い!!!!)

現れてからも、あの歯並びと大きさにびびりまくり。

海なんかいかなくっていい!!という、トラウマ体験間違いなしの映画でした。

叫びながら観て、ちょっと疲れましたよ。

あと思うんですけど、こういうパニック映画には、やはりエロスは必要なのでしょうか?

パニック映画とエロスは抱き合わせのイメージがあります。

 

スピルバーグ監督の『激突!』も久々に観たくなりました。

 

お次はこちら、

『ジュラシック・パーク』シリーズ4作品を一気観しました!!

左上:『ジュラシック・パーク』スティーフヴン・スピルバーグ監督/1993年/アメリカ

右上:『ロスト・ワールド』スティーヴン・スピルバーグ監督/1997年/アメリカ

左下:『ジュラシック・パーク3』ジョー・ジョンストン監督/2001年/アメリカ

右下:『ジュラシック・ワールド』コリン・トレボロウ監督/2015年/アメリカ

 

みなさまご存知、恐竜が現代に現れちゃったらシリーズです。

ちなみに舞台は、コスタリカのとある島。

 

一番のオススメは『ジュラシックパーク』です。

怖いけどなんか面白い、ハラハラし続けました。ザ・エンタメムービーです!!!

恐竜が人形(ロボット)のときとCGでの製作のときとがあって、その違いがまた面白いです。

肉感がしっかりある感じがするのは、ロボットなんですねえ。

小学生の時、恐竜が好きだったことをこの映画を見て思い出しました。

出てくる恐竜の名前が何となくわかった自分に驚いたというエピソードもあります。

今上映中の『ジュラシックワールド〜炎の王国』も人形だとか。ちょっと気になります。

 

それにしてもなんだか、スピルバーグ監督ばっかりですね。

そして、久々に映画館にも行きましたよ!!!

これを観に!

 

『グッバイ・ゴダール』

ミシェル・アザナヴィシウス監督/2017年/フランス

 

私が大学の卒業論文で研究した「ジャン=リュック・ゴダール」の映画をやってるよ!

と、KAKUTAでもお世話になっているカメラマン・相川博昭氏が教えてくださったので、行ってきました。

相川さん!ありがとうございます!!!

 

ゴダールさん

 

久々の映画館。

入り口を入ると、キャラメルポップコーンの香りが漂い、とても懐かしい気持ちになったのです。

しかし、チケットカウンターに向かって歩いていると、なんだか騒がしい。

ネット予約のチケット発券機前は閑散としている。

奥のほうにある、有人カウンターには長蛇の列…

よくよく見ると、

システムエラーでチケット発券機が使えなくなっちゃったみたい。

上映スケジュールのモニター画面も真っ黒。

 

↓こんな感じだったよ

 

今日は全席指定席じゃなくて、全席自由席なんだって!チケットも手書き!!

久々の映画館でこんなことあるのね。

でも全席自由席はうれしいよ!昔の映画館みたい!

 

無事にチケット購入し、映画も観られました。

映画館てやっぱり楽しいなぁ。ほんとに手軽なアミューズメントパークですよね。

映画のパンフレットも購入しちゃった!!

 

映画は五月革命のフランスが舞台で、その時代のゴダールと当時の妻、アンヌ・ヴィアゼムスキーのお話でした。

私実はこの時代のゴダール作品あんまり好きじゃなくて(良くわからないから)

ゴダール代表作である『勝手にしやがれ』とか『軽蔑』とかを自ら「クソ映画」といってたりしていた時代で、なんでそんなこと言うんだろう?って嫌だったんですけれど、この映画を観てこの時期の作品をもう一度観てみたいなってなりました。

ゴダール役のルイ・ガレルさんが本物そっくりでおかしかったし、終始クスクスと笑わせられるエピソードもたくさんでした

 

でも、ゴダールファンじゃなきゃ、ナニコレ?って映画だと思う。

だからオススメはできません。

 

以上!今週の作品報告です!!!

 

大西洋コスタリカフランス

 

と、ヨーロッパ大陸へ進出した一週間でした!!!

 

鑑賞作品は引き続き、filmarksにてまとめております!

よかったらご覧くださいませ!!!

そして、相変わらずオススメ映画を募集中です。

今回のサマジャンで、いろんな方からのオススメが聞けて、

知らない映画をたくさん知られてうれしいです!

 

ということで、もう!来週が最終回?!早っ!

残りの大陸回れるかな???

 

 

 

カテゴリ:四浦麻希 | 13:15 | comments(2) | - |
スポンサーサイト
カテゴリ:- | 13:15 | - | - |
コメント
毎回楽しみに見させて頂いてます!!
ぼくもジュラシックワールド見てみようと思いました!あざまっす&#128121;
| ヒロピーヌ | 2018/07/19 6:25 PM |
ヒロピーヌさん

コメントありがとうございます!
とっても嬉しいです。
ジュラシックワールド、是非!
ってまだ最新作は観てないですが…!

引き続き更新頑張ります。
ありがとうございました。
| KAKUTA四浦麻希 | 2018/07/21 12:59 AM |
コメントする